黒い海獣を求めて、彷徨い続けます

シャーロック釣行記

パンチングに必要なもの・・・その① ロッド編★
パンチングにはどんなロッドが適切なのだろうか?




1~2オンスのリグをカバーに入れて、超がつくどどどヘビーカバーから一気に魚とカバーごとブッコ抜く。



普通の竿ならまずルアーを投げれないだろう。

ちょっと固めの竿でルアーは投げれても魚は取れないだろう。




皆さんどんなイメージを持っていたか分かりませんが、俺は最初普通のH~XHの高弾性の竿で一気に魚をカバーから離すイメージがあった(普通のアシ撃ち見たいに)。





けど、釣り込んでみて真逆であることが分かった。










掛けた魚は竿の張りで一気に引き抜くというより、竿のトルクでじわじわカバーから引き抜く感じ。



だからこの手の釣りは何が何でも低弾性。



そこでいつも愛用してるのはこの竿↓
part1.jpg
ドムドライバーFE。



最初は「ビッグベイト用のブランクスでアタリ取れるんやろか?」って疑問を持っていたけど、やり込んでいくうちに竿の感度云々よりも掛けた後の取り込める竿の力が一番重要であることがわかった。


この手の釣り、特にオカッパリから狙う場合はボートと違って魚へ寄っていくことが出来ません。

だからこそ「こんな硬さ必要か?」っていうくらいの竿がオカッパリにはちょうどいい。



ルアーは2.5ozも投げれます。





実際、どヘビーカバーで魚をかけた瞬間は40も50後半も最初の掛けた衝撃は同じです。

そこから魚を引っこ抜いて、魚を見て初めてサイズが分かります。

ある意味宝くじ?笑







ただ、もぉーーーーー少し理想を言うと、8フィートちょっと欲しいかな。

もちろん竿のトルクを維持しながら。



オカッパリは長ければ長いほうが絶対有利やしな。



ただそんな竿は絶対出てこないと思うんで、いつか自分でカスタムして世界で一本だけの俺用パンチング竿作ろぉ~~っと。









その②に続く・・・・☆


ciao

スポンサーサイト
| 未分類 | 23:28 | トラックバック:0 | コメント:0
ギリギリの一発・・・いつものことや★
5月23日(土) & 5月24日(日)

日曜夕方6時までキレイさっぱりボウズ。




「もう疲れたし帰ろうかな?」

ちょっと弱気な心に鞭打って、「後一流しする!」と最後の悪足掻き。



今まで流してたポイントと被らないように意識しながらドボンドボン。



そして・・・・






グゥーーングゥーーーン



バシッ!!!


でっっかいわぁ~~
SN360251.jpg
もちろんこいつもドム+PEで瞬殺☆



この釣り、アタリが出た瞬間がたまらん。

アドレナリンでまくり~~~



SN360253.jpg
今回のMVPぃ~~





常にNever Give upの精神ですわ。

最後まで頑張った人はちゃんと報われます。




☆今回のタックル☆
ロッド:ドムドライバーFE
リール:メタニウムXT
ライン:PE6号
シンカー:1.2oz
フック:ツイストロック5/0
ワーム:ダイナゴン4in





この笑顔が語ってるっしょ?
SN360249_2.jpg



ciao










| 琵琶湖 | 23:06 | トラックバック:0 | コメント:0
1%でも可能性を高めるために・・・★
SN360236.jpg
先週、へ行ったのはこれが欲しかったから☆

SN360254.jpg

シンカーを塗るやつ!!


あのテカテカ、無くなったら釣れると思いません?

気になったら行動せずにいられないので購入☆




一匹でも多く釣る為に・・・





ciao
| 未分類 | 23:54 | トラックバック:0 | コメント:0
ホンマごっついわ!!価値ある一匹★
5月16日(土)

寝るに寝て、名古屋を13時出発。笑

琵琶湖に着いたのは16時、夜の用事を考えると釣りを出来るのは一時間!!

もちろんパンチングで釣りたいので、ドムFEを一本担いで let's パンチ!!



時間が無いんで、先週の水位と今週の水位を考えながら、レンジを少しづつ刻んで魚のポジションを一秒でも早く把握する。

するとここやっ!!というところで予想通りの一匹↓
SN360239.jpg
スィートビーバーをガッツリ加えた40半ばちゃん☆

もちろん魚はカバーからブッコ抜き~~

ただ2バイトをミスっているのでまだまだ修行が足りません(-_-#)


ただ一時間はあっという間に過ぎるものであり、未練タラタラのまま帰宅。泣









5月17日(日)。

朝から雨。

この日も用事があるので、15時から18時までの三時間限定フィッシング。

ちょっと思考を変え、普通のカバー釣りがしたいので学生の頃お世話になってたポイントへ。



まずはセンコー5gTX。

タックルはヴィゴーレ70XH+PE6号(このタックルバランスが肝)。

これをお気に入りの水路でひたすら打ちまくる!!


・・・ものの、魚はこれ一匹↓(;_;)
SN360240.jpg



釣れない水の色であったことから、少しでも濁りの影響を受けていないポイントへ行きました。

すると魚発見!!水の濁りも一部分だけええ感じ。いるとこにはいるや~~ん

しかも結構型がええ感じ。


ストーキングし、センコー+PEでカバーを撃つものの、ルアーを嫌がる。





フロロか?




とっさの思いから、タックルをフロロラインが巻いているロッドへ変更。

ルアーはもちろんお気に入りのダイナゴンTX。



魚がええ感じにカバーに入った瞬間を見計らって、ルアーをカバーへ。





チョン・・・・・・・チョン・・・・・・チョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・チョン






ドゥン!!!!






フッキングとともに魚は沖に猛ダッシュ。


ただ競ってる相手が間違ってますわぁ~~


ドレッドノート71XHで瞬殺☆
SN360241.jpg
54cmアフター回復ブリブリちゃん◎

SN360242.jpg
このアングルがええ感じ~~


とにかくめっさ太いバスでしたわぁ
SN360243_1.jpg
この写真のほうが太さが伝わるかな?

ちょっと離れた場所にいたアングラーに写真撮っていただきました。

ありがとうございましたm(_ _)m



ええ感じに一匹釣れて満足したんで帰路に着きました。



☆タックル☆

パンチング用↓
ロッド:ドムFE
リール:メタニウムXT
ライン:PE6号
シンカー:1.2ozタングステン
ワーム:スイートビーバー


テキサス用↓
ロッド:ドレッドノート71XH
リール:コンクエスト200
ライン:フロロ16
シンカー:10g
ワーム:ダイナゴン4in



ciao

| 琵琶湖 | 23:16 | トラックバック:0 | コメント:0
SN360241.jpg
SN360242.jpg
SN360240.jpg
SN360239.jpg

詳細は明日書きます☆
| 琵琶湖 | 22:27 | トラックバック:0 | コメント:0
暑っ!!タンクトップ焼けがヒリヒリするわ・・・★
ホンマ暑かった・・・肩が真っ赤やわ!!



それにしても厳しかったなぁ~~~


+8cmくらいの増水。

濁り。

15t→150tの放水量変化。


どうなったのでしょう?



・・・





5月9日(土)

11時からの遅めのスタート。

葦際を見ると・・・先週水が無かったところに水が。

とりあえず1.2oz パンチングで一通り流すが、ノーバイト。




沖を見ると・・・40後半~60クラスがフラ~っとヒシモの隙間を泳いでいるではないか。

この増水+大潮で魚のポジションが明らか変わった。



ポイント休める為、移動。

シンカーを軽めの3/4ozに変更。

するとすぐに反応があり、カバーから出てきたのは40後半(ランディングにポロッ。泣



なるほど、今日は3/4ozの日か!!



ポイントをおいしそうなところへ移動。

もちろん反応のあった3/4oz。




すると風が吹いた瞬間に押さえ込むバイト!!

ゴリ巻きで抜き上げた魚はプリの非常にキレイな魚↓
SN360235.jpg
ジャスト50cm☆


この日はこれ一匹でした。

夕方まで粘るも、この一匹のみ・・・

風が吹いた瞬間でもっと出ると思っただけに、残念でした。









SN360236.jpg

夜はもちろん癒しを求めて  へ。









5月10日(日)

今度は他のポイントを下見するものの、酷く濁りが入っていてパス。


前日釣れた場所も・・・魚が減っている。


頑張って延々パンチするものの、まぁーーったく反応無し。


何が変わったのか?全く分からん・・・





何とか苦手なネストで50ちょいを絞りだすも、間違ってオスを釣ってしまった・・・
SN360238.jpg

その後大きいメスは絶対釣れるはずもなく・・・

やっぱりサイトは苦手です。



その後、日没までパンチするものの、結局魚は見れずに終わってしまった。
sunset.jpg








来週に繋がるか微妙な釣行。

50くらいのが二匹釣れたものの、何か不完全燃焼な釣行でした。

来週ももちろんひたすら撃ちまくりるが、一から魚探しの厳しい週末になりそうな気がする。

まぁこれが楽しいから止められないねんなぁ~!!



☆今回のタックル☆
ロッド:ドムFE
リーム:メタニウムXT
ライン:PE6号
ルアー:3/4ozテキサス+スーパーホッグ。




ciao
[暑っ!!タンクトップ焼けがヒリヒリするわ・・・★]の続きを読む
| 琵琶湖 | 21:46 | トラックバック:0 | コメント:0
癒しを求め・・・★
SN360236.jpg

Lure shop 主へ。

まったりのんべんだらりん。



ルアーに囲まれた時間・・・・・Priceless





ciao
| 未分類 | 23:28 | トラックバック:0 | コメント:0
琵琶湖修行5日目+オカッパリ☆・・・やっぱり俺は・・・★
琵琶湖修行5日目★

アルミ修行最終日!!


SN360228.jpg
最終日はN田さんと出撃

SN360224.jpg
今日も巻くぞぉぉぉーーーーーーーーーーー


まず朝一は北山田沖で巻くも、ワンバイト・・・

ポパイ沖でN田さんがダウンショットで一匹。

そして風がいい感じになったところでカネカ沖に移動。


前日よりベイトがたまっているレンジが分かっていたので、ルアーを通すと狙い通りの一匹☆
SN360231.jpg

めっちゃ嬉しい一匹や(;_;)
SN360230.jpg

ベイト喰いまくりの49cm◎


結局その後ノーバイトが続き、無念の爆風で早めの切り上げ・・・

sunset.jpg
アルミ修行はここで終了。



乏しい結果ですが、サイズは関係ありません。

最後の一匹は非常に価値のある一匹。

良い経験が出来た一週間でした。






~~~~5月5日~~~~~~



名古屋帰る前にちょこっとオカッパリ。

もちろんオカッパリパンチ!!


すると一時間もしない内に・・・
SN360232.jpg
56くらい。笑

ブリブリですがなぁ~~~3kgくらいかな?

もちろんルアーは1ozパンチ。

あれだけボートで出て釣れなかったのに、オカッパリに出て一時間もしない内に釣れてもうた・・・




やっぱりまだ体がオカッパリ体質やわ。笑




この日は2時間もしないうちに4バイト3ヒット1フィッシュ。

まだ完璧ではないな・・・ちゃんとフックアップできなぁ~~


SN360233.jpg
スタッブクローなんぼあっても足らん・・・

誰か100パックぐらい下さいm(_ _)m





ciao


| 琵琶湖 | 21:51 | トラックバック:0 | コメント:0
琵琶湖修行3日・4日・・・・沖にはおっきい魚が・・・おらん(-_-;
琵琶湖修行3日目☆

3日間共にするアルミちゃん。
SN360223.jpg

アルミ修行初日は変態と出撃↓
SN360220.jpg


朝一、気合を入れて巻くも、釣れん(まだまだ大丈夫)。



昼過ぎ、いまだ巻物でノーバイト(まだまだ巻くぞ!!)



夕方、やっとバイトが出てきた!!が時すでに遅し・・・


激ホゲぇ~~(-_-;)


フィネスに負けた一日でした。泣
F1000738.jpg

F1000739.jpg






~~日が変わり次の日~~





琵琶湖修行4日目☆

SN360223.jpg

4日目は1人で出撃!!!

前日の教訓から、やはりライトリグを使わなければ魚は触れない模様。

そして今回のタックル↓
SN360227.jpg
前日と何一つ変わらないハードタックル。笑




あっ

変わったところ一箇所。
SN360222.jpg
スピナベのブレードを大きくした。笑

バイトがあるのに乗らないのがムカついたんで、気分でチェンジ。



スピニングは握れない男なんで・・・

ひたすら「巻き」あるのみ!!!







このアルミ修行のテーマは





「沖」




オカッパリでは感じれない感覚を養う為にシャローを捨てる「沖」縛り。

狙うは4m以深の、いち早くベイトを活発に追いまわっている固体。



前日の船でウィードの形状、張り出し、ベイトのたまるタイミングを何となく把握できたので、そのタイミングで良いポイントに入る考え。



すると予定通りのタイミングで、一匹がBカスタムに↓
SN360225.jpg
サイズは40くらい。

そしてゲソゲソ・・・・もしかしてもっと深く?

狙いをさらに下げ、延々スピナベをベイトの層に合わせて引く。




夕方まで巻き倒すと、あたりはちょくちょくあるのだが、みごとにすべて乗らない・・・

消化不良のまま、一日が終了、アルミ修行最終日に・・・





ciao。
| 琵琶湖 | 22:50 | トラックバック:0 | コメント:0
琵琶湖修行2日目+3日目☆・・・・やってもうた・・・★
4月27日(月曜)

琵琶湖修行2日目。



前日の荒れ模様を若干まだ引きずっている空模様。



ゲストは横浜からわざわざ来られた会社の先輩。

実は去年の九月にも一度琵琶湖に来られ、とても苦い思い出を残してしまった。


今回はどうしても良い釣りをして帰って欲しいので、めちゃくちゃ気合を入れて出撃。

SN360213.jpg
初日のお供は真紅のスキーター

エンジンは90馬力!!気合十分。



今回の縛りはズバリ「巻き」あるのみ。

二日間、プリがとどまるポイントをひたすらタイミングを見計らってランガン。

ルアーはもちろんスコーンリグが軸。

関東の人からしたら「???」が多いルアー。

ただ、「これがめちゃくちゃ効くんですわ」と説得し使ってもらう。笑





湖の状況を確認しながら、いろんなポイントを下調べしながらルアー投入。

結果、何とか50弱を一本取ってもらうことに成功☆
a155b2e2.jpg
ただ、同サイズをもう一本ランディング際でバラしたのが悔やまれる。。。


ちなみに船頭はゲストより釣ってもうた・・・
eb3c9c11.jpg
ガイド失格です。

ちなみにルアーはもちろんすべてスコーン。



ババ荒れで早めに帰着したため、ちょいとオカッパリへ☆

平日だけに、人はゼロ。

パンチングで4バイト2フィッシュ◎
SN360216.jpg
ちょっとはPE6号の必要性を感じてもらえたかな?










日が変わって翌日 4月28日。

本日は馬力アップの120馬力のスキーター☆

昨日とは違いそこまであれていない模様。

ただ、油断は禁物なので空を見ながら慎重に。


急遽変な奴が参加することに↓
6edf36e7.jpg

すると開始そうそうに40upをライトリグで釣っちゃう・・・
SN360217.jpg

今日はライトリグの日か?

いやいや・・・巻物でも来ると信じ、前日発見した臭そうなポイント流すことに。

するとバックシートで「来ました!!」

見るとロッドがええ感じに曲がっているではないか。
d89fa897.jpg
開始そうそうのクランキングFISH☆

ファットペッパー一本掛かりの50!!あぶねぇ~~グラスでなかったら弾いていたバイト。

ただ、その後からさっぱりと反応が途絶え、気づけば正午。

天気が崩れたので、このタイミングで移動。

ずっとクランクを巻き続けていた先輩に、「ここは絶対スコーンを投げてください!」とお願いする。

そしてその一投目・・・・









「来ました。」










振り返るとF7-77がバットから曲がっているではないか。

その瞬間「バシャバシャバシャ!!!」


デ・・・デカッ




正直そこから記憶があんまり・・・

かなり焦ってたのでしょう。





そしてアゴを掴んでランディングした瞬間・・・・

涙が出るくらい嬉しかった。

1dd0df54.jpg


97d63086.jpg
ガチガチ計測の60.5cm☆


もう・・・自分が釣れるより嬉しかった。

前回の嫌な記憶があっただけあって、このロクマルは本気で嬉しかった。




狙ったポイントで、狙ったルアーでゲストに釣ってもらう。

ガイドって毎回のこのプレッシャーがあるから、ホンマ大変やな・・・






めちゃくちゃ満足してもらい、バスボートでの琵琶湖修行はここで終了☆

sunset.jpg

次はアルミボートでの琵琶湖修行・・・・これはまだ明日にでも。



ciao





| 琵琶湖 | 20:45 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

シャーロック

Author:シャーロック
見た目ちょっとイギリス人。

けど中身コテコテの日本人。

原チャで琵琶湖どこでも神出鬼没。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク