黒い海獣を求めて、彷徨い続けます

シャーロック釣行記

もうホンマ・・・・・怒怒怒
日曜・・・ええ型は一匹も獲れませんでした。






バイト→送り込む→(ちゃんと引っ張っているを確認)→(グイグイ引っ張っているのを再度確認する)→もんどりあんフッキング→・・・キレイェーーーにすっぽ抜け(泣。




乗せられないバイトが今までいっぱいあるのは分かっていた。

自分にミスがあったのが分かっていた。

だからちゃんと送って、ワームを全部咥えてるくらい送り込んでいる。



・・・にも関わらず、すっぽ抜け・・(T_T)号泣



ワームに残された無残な歯型↓
SN360275.jpg


フックシステムを見直そかな・・・



ちょっと真剣に対策を考えたいと思います。




ciao
スポンサーサイト
| 琵琶湖 | 22:25 | トラックバック:0 | コメント:2
グゥーーングゥーン★
6月27日(土)

二時から日没まで短時間釣行!!

もちろんドムを片手にパンチング一本。



まずは30後半を瞬殺↓
SN360270.jpg


その後直ぐに40半ば↓
SN360271.jpg
太っ!!!カバー依存真っ黒バスですわぁ~~

歯ざらざら。


そして夕刻、回遊しているだろう箇所を撃っていると、


グゥーーーーーーーーン★

来た来たぁ~~~



カバーの中からこんにちわ↓
SN360274.jpg
50あるかな?っと測定したら49でした。泣


ルアーは1.5ozシンカー、ワームはスタッブクロー&ダイナゴン4in。

けど乗せられなかった3回のバイトが悔しいです。




明日は朝からリベンジしてきます!

みっちり一日つりが出来るので、体力の限界まで頑張ります☆




ciao

| 琵琶湖 | 22:02 | トラックバック:0 | コメント:2
・・・完敗(T_T)
6月20日(土)

珍しく湖西で朝一ベイトを狙っているバスを捕獲することに!!

そして開始10分ですぐに回答が↓
SN360263.jpg
鮎を狙い撃ちしてた51cm☆

ルアーは4inセンコーです。

朝早すぎて(&ケータイしょぼ過ぎて)シルエットのみ。笑

こっちはスポットライト風。笑↓
SN360264.jpg

ちなみに狙ったポイントは岸から数メートルの範囲。

そんなところにもちゃんと入っているんです。




釣り場には抜き足差し足忍び足で是非☆

以外な所にいますよ~~







6月22日(月)

この日はこいつと一緒にコラボ☆

お題「カバーカバーカバー」

そして・・・・





完敗の一言です(T_T)


土砂降りでも40upをバンバン量産↓
F1000887.jpg
ラバジで瞬殺。


行く場所行く場所で40upを抜かれ、

7?本目にはとうとう俺が壊れた・・・
F1000891.jpg
パンチングでぶっこ抜き。



グゥの音もでません~~




俺はこんなゲソゲソな一匹のみ
F1000889.jpg

バラシ・すっぽ抜けの嵐で、その後いぃ~~っぴきも取られませんでした。泣











ただ、一つ言えることが分かりました。


「バス釣りは最高に最高に楽しい」



土砂降りだろうが、カンカン照りで汗だくになろうが、



楽しくて仕方なかった。




朝の夜明け4時から日没6時半まで。

不思議なくらい体力の限界まで釣りができた。

それはやっぱりバス釣りが楽しくて楽しくてたまらへんからやと思う。



こんな充実感のあった釣行は久しぶりやった。




体も頭も自然と求めてるんやろな、この楽しさを☆




皆さんも暑さに負けずに良い釣りをしてください!


ciao
| 琵琶湖 | 22:57 | トラックバック:0 | コメント:0
ウズズズズズ★
久々(と言っても2週間ぶり)に琵琶湖へ行ってきます!!

ちょっと離れただけで禁断症状が出てしまっているので・・・・

ええの釣れたら報告します☆




こいつの出番かな?↓
SN360190.jpg



ciao
| 琵琶湖 | 20:32 | トラックバック:0 | コメント:2
SN360262.jpg
撃って撃って撃ちまくる!!




・・・


玉砕☆


たまには田舎もええもんやのぉ~~


絶対リベンジしまっせぇ!!
| 未分類 | 22:57 | トラックバック:0 | コメント:0
パンチングに必要なもの・・・その③ ワーム編★
パンチングに使うワーム選びのキーポイントは次の二点かなと思う:

①硬さ

②すり抜け




ワームの耐久性はひじょーーーーーーに大事です。

柔らかい・脆いワームならすぐにフックがワームから飛び出し障害物に引っかかります。

ですのである程度の硬さを持ったワームを選ぶのが◎。



そして障害物のすり抜け性も非常に大事。

毎回毎回何かに引っかかったりしてたら拉致があかないんで、出来る限りスルッと入るワームが◎。




俺が現在使っているワームは以下の通り:
SN360126.jpg

SN360258 (1)

スパイキーのスタッブクロー☆


語る必要のないくらい、パンチング専用に開発された定番ワーム。

硬さ、すり抜け、アピール、針持ち。

すべてにおいて合格です!!


ただいつ見ても品薄状態なんで、運良く見つけた方は棚にあるワームすべてを大人買いしましょう。笑



他のワームでは反応しなかったのに、このワームを投げたらバイトしてきた経験が過去に多々あります。




そしてスタッブクローと同じくらい使用頻度が高いのがこれ↓
SN360259.jpg

ダイナゴン4in。

このワームも硬さ、すり抜け、耐久性など非常に優れている点が満載のワームです。

後方に重心が設定されているので、気持ちいくらいカバーにストン!!って入っていきます。

スタッブクローよりもちょっとアピールしたいときに投入します。






スタッブクローとダイナゴンの他に、
SN360260.jpg

スイートビーバーや、


SN360261.jpg

デスアダーホッグなどをカバーの濃さ、誘う位置によって使い分けます。

あと写真はありませんがチューブも使います!




ワームの色に関しては基本何でもOKだと考えています。

まぁ水の色を見ながら、気分と直感を基準に選らんでください。笑






次はラストのフック&シンカーの話しをします!!

地味でありながら一番重要なポイントなんで、掘り下げて自分なりに語ってみたいと思います。




ciao
| 未分類 | 22:41 | トラックバック:0 | コメント:0
パンチングに必要なもの・・・その② ライン&リール編★
今回はリール&ラインの話ししたいと思います☆

まずはリールから・・・・









・・・って基本的には何でもええです。笑

俺はメタニウムXTを使っています↓
01038.jpg

理由: かっこいいから。


ガンメタのボディがドムとめちゃくちゃ合って、そのかっこ良さが釣りの意欲を掻き立ててくれるから。

単純な理由かも知れへんけど、やっぱりメンタリティーを高い位置で保つのは大切やと思います。




リールの剛性はやっぱりそれを謳い文句にして売っているだけに、どれだけ使っても巻き心地はめっちゃスムーズですな。ハンドルもパワーハンドルが標準装備なので使いやすい。飛距離は至って普通だが、この手の釣りでめちゃくちゃ飛距離が必要だと感じたことはないので、リールの飛距離よりも剛性を考えたほうが良いかな?


ただ、理想を言えばハイギアを使うのが良さそうです。









次にライン・・・・



やっぱり俺はPEライン。
SN360206.jpg

理由は簡単。



強いから。



この一言に限ります。




基本6号でいけるが、この夏は8号を使おうか検討中。


掛けたら絶対ランディングする精神なので、基本的にはフロロは論外です。











ただ、

状況によってはどぉーーーしてもPEを嫌ってしまう状況があります。

過去の経験で、水の色がPEとフロロの使い分けるキーかなって思っています。

水はクリアになればなるほど、やっぱりフロロに分がある気がします。

だから、フロロでランディングできる状況であれば(←ここ重要)、フロロを使います。



太さはもちろん10号30LB。


けどやっぱりフロロはちょっと心細い・・・・













俺が使っている「MAXパワーPE」雷魚用PEライン。

まずめっちゃ強い&劣化に強いです。

ちょっと毛羽立ってきても、全然問題ない。

そして50mで印があるので、ちょうど二回分あると思うとちょっとお得な気分。パンチングなんて20mで十分なくらいなんで、50mで使い分けれるのは非常に嬉しいですな。



このライン、めっちゃええラインやのに俺の家の近所の釣具にはまったく置いていません。

っていうかLure shop 主以外では見たことありません。

興味があるかたは是非夏のために買っておいては?
SN360206.jpg
あのウィードジャングルを攻略するにはPEしかないやろ・・・




その③に続く・・・★


ciao



| 未分類 | 22:13 | トラックバック:0 | コメント:1
| ホーム |

プロフィール

シャーロック

Author:シャーロック
見た目ちょっとイギリス人。

けど中身コテコテの日本人。

原チャで琵琶湖どこでも神出鬼没。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク